ウォーターサーバーの水の選ぶ時は、次のようなことに注目してください。 ・水の種類で選ぶ ・ボトルタイプで選ぶ ・コストで選ぶ ウォーターサーバーに使用される水は、大きく「天然水」と「RO水」に分類されます。 天然水というのはできる限り人の手が加わっていない水のことで、RO水というのは不純物を完璧にろ過して、後からミネラルを加えた水のことです。 どちらが良いのかはその人の好みになるので、お好きな方をお選びください。 また、ウォーターサーバーに使用される水のボトルは、「リターナブルボトル」と「ワンウェイボトル」の2種類があります。 リターナブルボトルは回収するタイプのボトルのことで、コストは安いですが、回収まで自宅で保管しないといけません。 一方、ワンウェイボトルは使い捨てタイプのボトルで、コストはリターナブルボトルよりも高いものの、回収を待たなくても良いため、保管スペースを確保しなくて済みます。 使い終わった後のことを考えるのであれば、ワンウェイボトルがおすすめです。 それから、ウォーターサーバーの水は種類によって価格が異なります。 価格が高いとランニングコストがかかってしまい、家計を圧迫する恐れがあるので、無理のない価格のものを選びましょう。